診療の流れ/Q&A

無料シュミレーション/無料相談!

無料相談でスキャンしたデータを、ご自身のスマホやPCで確認できます。 お家に帰ってからじっくり見たり、ご家族で相談することが出来ます。
正面だけでなく、上下左右いろいろな角度からご自身のお口の中をみることはもちろん、シミュレーション後の歯並びも見ることができます.

お気軽にお問い合わせください。

診療の流れ

 

無料相談

治療への疑問などを伺いながら従来の歯列矯正との比較、治療費の紹介、簡易シミュレーションまで行います

 

精密検査

CT、レントゲン、歯型データを分析した上で治療計画を作成いたします(治療決定ではありません)


シミュレーション

3Dデジタルシミュレーションをもとにより正確な治療期間、治療後のイメージについて説明します

治療スター

マウスピースを製作し、装着のつけ外しや取り扱い注意事項などを説明し、治療が始まります

無料相談

治療への疑問などを伺いながら従来の歯列矯正との比較、治療費の紹介、簡易シミュレーションまで行います

精密検査

CT、レントゲン、歯型データを分析した上で治療計画を作成します(治療決定ではありません)

シミュレーション

3Dデジタルシミュレーションをもとにより正確な治療期間、治療後のイメージについて説明します

治療スタート

マウスピースを製作し、装着のつけ外しや取り扱い注意事項などを説明し、治療が始まります
  • 初診のご相談は無料で対応

    歯並びについて、患者様がどのようなお悩みや矯正治療へのご希望をお持ちなのかを最初にうかがいます。そして矯正担当医が診察を行い、診察や撮影された画像から歯の現況や歯並びの問題点を検討し、治療方針についてのご説明を差し上げます。この際には、治療期間や費用などについても併せてご説明致しますのでご安心ください。 無料での初診のご相談のときには、直ちに矯正治療を始めるかを決めていただく必要はなく、帰ってからじっくりご検討していただけます。後ほど不明点や疑問点などが出てきたという場合には、お気軽にお問い合わせください。

  • 各種精密検査

    インビザライン矯正治療の計画をきちんと立てるには、様々な検査が必要となります。具体的には、口腔内検査(虫歯・歯周病がないか、歯並びや咬み合わせ、顎の状態の診断)、セファロレントゲン(頭部)の撮影、口腔内や顔貌の写真撮影、歯並びの型取りなどが挙げられます。これらの精密検査を行うことで、患者様に合わせたベストな計画を立案致します。

  • 抜歯や虫歯・歯周病治療といった初期治療

    歯に病気がある状態で型取りを行っても、その後、抜歯などの必要が生じて歯並びが変わってしまうおそれがあります。そこで虫歯や歯周病などの症状が確認できた場合には、初期治療を行うことで、より長持ちする矯正治療を実現できるのです。

  • 矯正用のマウスピースを作成するための歯の型取り

    矯正用マウスピース(アライナー)作成のため、口腔内3Dスキャナーという器具を用いた精密な歯の型取りを行います。口腔内3Dスキャナーによって造られた歯型と、治療計画やレントゲン写真、口腔写真といった他のデータを併せて、米国にあるアライン・テクノロジー社へオンラインデータとして送付致します。

  • 歯の移動シミュレーションの作成

    各種データを基にアライン・テクノロジー社が3Dデジタル化した歯並びのデータと、矯正担当医が作製したインビザライン矯正治療計画を合わせ、専用のソフトウェアによって、歯の移動シミュレーションを作成します。
    これは現状の歯並びから、矯正治療を行った場合の歯の移動プロセスを3D映像でのシミュレーションにて表したものです。 矯正担当医がこのシミュレーションをチェックし、患者様に適した治療を行えるようにアライン・テクノロジー社へ修正指示を出します。3Dシミュレーションとその修正を繰り返し、その患者様にとってベストなインビザライン矯正治療の計画を完成させます。

  • シミュレーションを踏まえた上での治療計画のご説明

    矯正治療を行った場合に、歯はどう動いて最終的にどのような歯並びとなるのかを、シミュレーションでご確認いただきます。その上で、精密検査の診断結果とインビザライン矯正の治療計画を再度矯正担当医がご説明致します。
    この治療計画は最終決定ではなく、治療期間や金銭的、肉体的負担などに関する患者様のご希望を踏まえて修正が可能なものです。 患者様に納得していただけるまで修正を行い、治療計画が定まってからアライナーを発注します。アライナーは2~3週間ほどで届きます。

  • アライナーの使用方法のご説明と装着の開始

    アライナーが届き次第、スタッフからアライナーの装着・取り外し方法や注意点、お手入れの方法などについてのご説明を差し上げます。着脱がスムーズにできるようになれば、装着を開始していただきます。この時に次回ご来院されるまでのアライナーもお渡し致します。 アライナーを交換する頻度は概ね10日に1度であり、1日に20時間以上装着していただく必要があります。これらは患者様にて管理していただくことになります。

  • 口や歯の状況の定期的なチェック

    インビザライン矯正治療においては、1~3ヵ月ごとに通院していただく必要があります。その際には、アライナーの使用状況が適切かどうか、歯は想定した通りに移動しているか、口の中に何か問題が生じていないか、といった点をチェック致します。場合によっては補助装置の使用や治療を行うこともあります。

    アライナーの装着期間は、※通常で半年~2年ほどです。ただ、これはあくまでも目安であり、患者様の治療前の歯並びなどにより変わってきます。チェックには1回あたり10~20分ほどお時間をいただきます。

  • 治療の完了と保定装置の装着

    矯正装置で歯を動かして並べても、しばらくの間は歯に戻ろうとする力が働きます。そこで歯並びが安定するまでリテーナーと呼ばれる保定装置を装着していただく必要があります。これが保定期間です。
    保定期間には、概ね3ヵ月ごとに通院していただき、歯の戻りがないか、その他歯の病気に罹っていないかといった点を確認致します。より確実に歯並びを維持するためには、保定期間が過ぎた後にも保定装置を装着なさることを推奨致します。

よくある質問

Q インビザラインを装着した状態での食事は大丈夫ですか?
A
お食事の際には必ずインビザラインを外してくださるようお願い致します。インビザラインを装着した状態でものを食べると、インビザラインの変形や破損の原因となりかねないためです。熱すぎる飲食物についても変形の原因となり得るため、避けるようにしましょう。水を飲むのは問題ありません。
Q 子どもでもインビザラインはできるの?
A
個人差はありますが、子供のインビザライン治療は9歳位から始められます。個人差がありますので、9歳前後に矯正歯科医に相談にいくと良いでしょう。
Q 見えない矯正は虫歯になりやすい?
A
マウスピースはお食事や歯磨きの際に取り外せますし、マウスピース自体も毎日洗浄が可能ですので、ワイヤー矯正に比べて比較にならないほど虫歯にはなりづらいです。ただし、お食事後の歯磨きは欠かさず行って頂く必要があります
Q インビザラインの取り外しは簡単にできますか?
A
今のところ、インビザラインの取り外しが困難だというご相談はございません。着脱を何度か繰り返して練習すればコツが掴めるので、問題ないでしょう。
Q インビザラインの治療期間はどれくらい?
A
症状にもよりますが、概ね3ヶ月~3年の間だと思います。この治療期間を短くするためにIPRや矯正ゴム併用、インプラント矯正などのオプションもございます。詳しくは矯正歯科医にご相談ください。
Q インビザラインはどのように洗えばいいのですか?
A
変形の原因となるので、熱湯は用いず、冷水か温い水を流しながら付着した汚れを取り除いてください。専用の洗浄剤もございます。
Q 1日どのくらい装着すればよいのですか?
A
基本的には日中と就寝時に装着してください。1日のうち20~22時間は装着している必要があります。お食事や歯みがきの際には取り外していただいて大丈夫です。
Q インビザライン矯正というのは痛くないのですか?
A
矯正治療において痛みの有無が心配だという方は多いでしょう。確かに、新しいアライナーの装着時には、歯を押さえつけられるような感触や軽い痛みを感じるという方もいらっしゃいますが、通常であれば2、3日で慣れます。従来のワイヤー矯正に比べるとインビザライン矯正では違和感や痛みの報告が明らかに少なくなっています。インビザライン矯正の場合、1回の施術において歯を動かす量を細かく調整でき、大き過ぎる力が歯に加わることを避けられます。そのため痛みも少ないのです。加えて、歯列を全体的にインビザラインが多く形となるので、咬み合わせた時の痛みが軽くなりますし、ブラケットやワイヤーが舌や頬などに接触したり刺さったりすることもないため、安全に治療を受けていただけます。
Q 抜歯をしないで治療できるというのは本当でしょうか?
A
なるべく抜歯をせずに矯正すべく治療計画を立てます。ただ、患者様の口腔内状況によっては、抜歯をしなければならないこともあります。また、歯を抜く必要まではなくとも、歯並びを整えるためにIPRという歯の側面を僅かに削る処置が必要となることはあります。
Q インビザラインの装着によって話をしにくくなりませんか?
A
個人差はあるものの、はじめてインビザラインを装着してから数日くらいは、発音がやや不明瞭となることもあります。しかし、ほとんどの方がインビザラインに慣れ、ごく自然に話をすることができるようになります。また、歯を咬み合わせた時のインビザラインの厚みにもすぐ慣れますので、ご安心ください。

町田エス歯科クリニック

〒 194-0013
東京都町田市原町田6-2-6 町田モディ6F
町田駅徒歩30秒

pagetop