ブログ

2020.11.26

みなさんこんにちは。

以前も紹介いたしましたが、12月1日東戸塚駅前の西武デパート2Fに新たに5軒目のエス歯科クリニックがオープンします!

それに先立ち本日より4日間、東戸塚エス歯科クリニックで内覧会を行います。

内覧会では内装や機材の紹介のほかにも位相差顕微鏡を使ってご自身の口腔内細菌叢を見てもらう体験会も実施予定です。

日頃の口腔内の疑問にお答えするのはもちろんのこと、インプラント治療やマウスピース矯正についての質問なども受け付けております。

 

お近くにいかれる際は、ぜひ足をお運びください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

町田エス歯科クリニック

 

投稿者:町田エス歯科クリニック

2020.11.20

皆さんこんにちは!
もうすぐ12月、あっという間に今年も終わりに近づいてきましたね。

本日は受付のお花をご紹介し致します!

待合室のところに新しくドライフラワーを飾っています!色合いが冬っぽくて素敵ですよね(^^)
受付の飾りもクリスマス仕様になっていたりするのでご来院の際はぜひ注目してみてください!

助手 原田

投稿者:町田エス歯科クリニック

2020.11.06

こんにちは!最近は気温が下がってきて冬が近づいてきましたね!
今回は皆様にお知らせがあります

この度、12月1日東戸塚駅前の西武デパート2Fに新たに5軒目のエス歯科クリニックがオープンします!

それに先立ち、11/26・27・28・29の4日間、内覧会が行われます。

内覧会では内装や機材の紹介のほかにも位相差顕微鏡を使ってご自身の口腔内細菌叢を見てもらう体験会も実施予定です。

日頃の口腔内の疑問にお答えするのはもちろんのこと、インプラント治療やマウスピース矯正についての質問なども受け付けております。

東戸塚駅直結徒歩1分の西武東戸塚S.C.2階

近所の方や職場が近い方、皆さん是非お越しくださいね。

スタッフ一同心よりお待ちしております‼️☺️

 

町田エス歯科クリニック

 

 

投稿者:町田エス歯科クリニック

2020.11.04

この度上大岡の本院にX-Guideを導入しました。

X-Guideとはインプラント手術ナビゲーションシステムのことです。

これを用いると、フリーハンドより10倍正確に手術することができるようになります。

それによって、より安全な手術ができるようになりますし、最終的な歯の審美性が上がることも期待できます。

上の写真の右側にある大きな機械がX-Guideの実物です。

中央の画面にCTで撮影された骨の形態や、血管、神経が写しだされ、手術器具がどこの位置に入っているかが精密にわかるようになっています。

この機械は日本ではまだ10医院ぐらいにしか導入されていないものです。

私たちエス歯科グループはインプラント治療の成功率を限りなく100%に近づけるために、あらゆる努力をしていきます!

皆様も何かお困りのことがございましたら、お気軽にエス歯科クリニックにお越しください!

 

町田エス歯科クリニック

 

投稿者:町田エス歯科クリニック

2020.11.01

こんにちは、嬉しいお知らせです!

みなさまからのお声も多かった、

駐車場の提携サービスを開始いたしました!

近隣に2ヶ所ありますので、ご都合に合わせてぜひご利用ください(^o^)/

 

≪サービス内容≫

★お会計2000円以上1時間までサービス

自費治療1万円以上お支払いの方は、自費治療完了までの駐車料金をサービス

 

≪提携先≫

いちのや駐車場

アクセスマップ→http://www.ichinoya.jp/ichip/map.html

ぽっぽ町田パーキング

アクセスマップ→http://www.poppo.jp/access/

※モディ他店舗との合算はしておりません、ご了承ください。

 

ご不明点あればお気軽にお問い合わせください。

この機会にぜひご利用くださいませ(*^^*)

 

受付 田中

投稿者:町田エス歯科クリニック

2020.10.30

こんにちは😊衛生士の小林です🌸

最近は朝夜が肌寒くなってきましたね💦

寒くなったりすると、やっぱり免疫が下がってしまいがちですよね。

免疫力が下がるとウイルスも侵入しやすくなるので、コロナウイルスやインフルエンザなどに感染しやすくなります。

栄養・睡眠もしっかりとって体調管理、気をつけていきましょう🥰💕

今回は唾液についてお話したいと思います。

健康な人の1日の唾液分泌量は、1~1.5リットル。

唾液はお口の中を潤すだけではなく、

色々な作用によってお口の潤いと健康を守っています。

①消化作用

アミラーゼ(酵素)がデンプンを分解して体内に吸収しやすくする。

②抗菌作用

細菌の増殖を抑えてくれる。

③粘膜保護作用

ムチン(糖タンパク)が喉や食道を傷つけにくくする。

④食塊形成作用

味を感じさせて、噛み砕いたり飲み込んだりしやすい塊にする。

⑤pH緩衝作用

飲食により酸性に傾いたお口のpHを中和させる。

⑥粘膜修復作用

上皮成長因子(EGF)が組織が傷ついたときに修復する。

⑦再石灰化作用

飲食により溶けかかった歯面の修復をする。

⑧潤滑作用

発音や発声をスムーズにする。

唾液にはこういった作用があり、とても大切な働きをしているのです🥺✨

唾液が少ないと、抗菌作用が働かず、菌が繁殖しやすくなり

虫歯・歯周病・口臭のリスクも高まります😰

みなさん、食べ物をよく噛んで唾液をたくさん出してお口の中の環境を整え、

毎日健康に過ごしましょう💕

 

歯科衛生士 小林

 

投稿者:町田エス歯科クリニック

2020.10.26

もうすぐで10月も終わりますね!

そろそろ秋から冬にかけてだんだん空気も乾燥してきて肌に炎症が起きてしまったり、唇がガサガサになってしまったり乾燥が気になり始める時期です。

そんな乾燥も予防が大切で、新陳代謝を高めるといいそうです!!

★免疫・美肌に効くビタミンA・C・Eを摂取する
★良質なたんぱく質をとる
★刺激物を摂りすぎない
★砂糖を控える

など。
特に砂糖は体温を下げてしまうので免疫力が低下しますし、虫歯菌は砂糖が大好きなので虫歯も増え続けます…
外側からのケアも大切ですが身体の中から健康に、
代謝を上げて冬の乾燥を乗り切りましょう(^o^)

鈴木

投稿者:町田エス歯科クリニック

2020.10.20

こんにちは!受付の石川です。
今回は、歯の着色が気になる方のお茶選びについてお話ししたいと思います。

お茶に含まれるカテキンには抗菌作用があるので、虫歯予防に効果的と言われています。
また、ニオイ成分を化学反応により中和させる働きもあるため、口臭予防にも繋がります。
以上のような効果がある一方、実は着色汚れ(ステイン)の原因になるタンニンという成分も含まれています・・・
そこで今回オススメしたいのが、ルイボスティーです

ルイボスティーにも、もちろんタンニンが含まれています。
ですが、他の茶葉と比べてタンニンの含有量がかなり少ないことが証明されています。
見た目は紅茶よりも色が濃く、色素沈着しやすいのでは?と勘違いされている方も多いのではないでしょうか。
紅茶の着色に比べると約5分の1程度、緑茶だと約4分の1程度だと言われています。
しかし、着色の原因となるタンニンは消臭効果のある成分なので、口臭>着色なら意識的に飲み分けをするのも良いかもしれませんね!

他にもルイボスティーは貧血や生理痛などにも効果があると言われていますので、
この機会に皆さんも是非試してみて下さい

受付 石川

投稿者:町田エス歯科クリニック

2020.10.16

こんにちは!!! 歯科医師の松山です!!
今回はむし歯についてお話したいと思います。
むし歯の原因を知っていますか?
むし歯は4つの条件が合わさった時にできるといわれています。
1 宿主(歯質)
むし歯になりやすい歯、なりにくい歯など人によって異なります。
2 細菌(ミュータンス連鎖球菌)
お口の中にいる菌です。むし歯はミュータンスレンサ球菌によってできます。
3 食事
むし歯菌の栄養になるのは糖です。
4 時間(歯を磨くまでの時間)
お口の中に糖が停滞し、歯が酸に曝されている時間です。
これは、“ニューブランの輪”といわれ、この4つの条件が合うとむし歯ができてしまます😊

逆に、この4つの条件を満たさなければ、むし歯を防げます!
むし歯の原因を知ることで、むし歯を予防していきたいですね☺️👍🏻

 

投稿者:町田エス歯科クリニック

2020.10.10

みなさんこんにちは。

まだまだコロナで自由が効かないと思いますが、乗り切って行きましょう‼️‼️

今回は、

認知症と歯周病に関連する研究結果が発表されたので、みなさんに簡単に紹介したいと思います😊

 

九州大学等の研究チームにより、

歯周病菌が体内に侵入し、認知症の原因物質が脳に蓄積して記憶障害が起きる仕組み解明されました。歯周病と認知症の関連は近年注目を集めており、認知症対策につながる発見と言えるでしょう‼️‼️

 

認知症の約7割を占めるアルツハイマー病は、「アミロイドベータ(Aβ)」などの異常なたんぱく質が長年、少しずつ脳に蓄積し、発症や症状の進行につながるとされています。

 

近年、歯周病の原因菌やその毒素が血管を通じて体内に侵入することで、Aβが体内でつくられ、脳に蓄積することが解明されてきたが、蓄積の仕組みは詳しく分かっていませんでした。

九大や北京理工大(中国)などの研究チームは、マウスの腹の内部に3週間、歯周病菌を直接投与して感染させ、正常なマウスと比較。

その結果、歯周病菌に感染したマウスの脳血管の表面では、Aβを脳内に運ぶ

「受容体」と呼ばれるたんぱく質の数が約2倍に増えていた。脳細胞へのAβの蓄積量も10倍に増えた。

暗い部屋に入れば電気ショックを受けることを学ばせた記憶実験では、正常なマウスは5分間、明るい部屋にとどまり続けたが、感染マウスは約3分で暗い部屋に入ってしまい、記憶力低下が裏付けられた。

一方、Aβを運ぶ受容体の働きを阻害する薬剤を使えば、感染した細胞内を通るAβの量を4割減らせることも確認できたという。

チームの武洲(たけひろ)・九大准教授は「歯周病菌が、異常なたんぱく質が脳に蓄積することを加速させてしまうことが明らかになった。歯周病の治療や予防で、認知症の発症や進行を遅らせることができる可能性がある」と話す。

他にも上記の図のように歯周病ケアをすることで様々なことを予防できるので、みなさんもケアを頑張って行きましょう!!

 

町田エス歯科クリニック

投稿者:町田エス歯科クリニック

町田エス歯科クリニック

〒 194-0013
東京都町田市原町田6-2-6 町田モディ6F
町田駅徒歩30秒

pagetop