ブログ

2019.07.20

こんにちは。院長の大口です。

前々回のブログ(7・11)でお話しした顕微鏡(マイクロスコープ)を使用した、精密根管治療(顕微鏡を使った根っこの治療)についてお話ししていきたいと思います。

虫歯が大きくなって、虫歯の細菌が歯の神経(歯髄)に達してしまうと、

「冷たいものがひどくしみる」「熱いものがしみる」「何もしなくても痛い」「噛んでも痛い」「根の先が腫れてきて歯茎が腫れる」「ニキビのようなものができた」「膿が出てくる」

などの症状が出てきます。

そのまま放置しても治ることはありません。

このような場合は「根っこの神経の治療」つまり「根管治療」が必要になってきます。

根管治療の目的は、

・根管内の「無菌化」

・根管の封鎖    です。

 

そのために必要なことは

・ラバーダム防湿(7・17ブログ参照)

 

・根管の多様性・複雑性への追随

 

・根管内に残された細菌の徹底的除去  などです。

 

精密根管治療のメリットは

・CT撮影を行うので根管の形態がわかる

・CT撮影を行うので膿の位置や大きさがわかる

・顕微鏡を使用するので細部まで確認が可能である

・特殊なセメントを使ってリペアが可能である  などが挙げられます。

 

 

こんな方は是非ご相談ください

・治療を何回もしてるのに症状がでてしまう

・歯茎が腫れたり引いたりを繰り返している

・症状が一向に改善しない

・治療が長引いている

・歯茎にニキビみたいなものができて膿が出てくる

・抜歯かもと言われた

※治療や保存が可能かどうか、詳しい診査が必要になります。

 

少しでも気になった方はお気軽にご相談ください。

 

院長 大口

投稿者:町田エス歯科クリニック

町田エス歯科クリニック

〒 194-0013
東京都町田市原町田6-2-6 町田モディ6F
町田駅徒歩30秒

pagetop