ブログ

2020.09.09

みなさんこんにちは。
8月も終わり早いもので9月になりました!
最近になってさつまいも、かぼちゃ、栗などなど秋の味覚の甘い食べ物がたくさん登場してきていますよね!
秋と言えば食欲の秋と言われているだけあって食欲をかき立てられる魅力的な食材ばかりです。。
どれも本当に美味しそうですがカロリーが高そうな物ばかりで太ってしまうのではないかと心配されている方もいらっしゃるかもしれません。
確かにカロリーも心配ですが、実はたくさん食べることによって口腔内への影響もあるんです!!
糖分を取り過ぎると虫歯になりやすくなってしまうのはもちろんですが…
さらに甘いものには虫歯だけではなく他のリスクも引き起こす可能性があります!
砂糖を摂取すると、脳の中で様々な脳内神経伝達物質が分泌されます。
日々のなかで身体が疲れた時やストレスを感じる度に甘いものが食べたくなる時がありませんか?
食べること癒しとしてしまうとクセになり、やがて中毒のように 『砂糖を摂ること=幸せな気持ちになる』と無意識に脳が感じるようになり、このスパイラルに陥るのが砂糖依存症です。
砂糖は清涼飲料水、パン、お菓子、加工品、調味料にも含まれています。普段甘いお菓子を食べない人でも知らぬ間に砂糖を大量摂取し、砂糖依存症になる可能性があるそうです。

 

⭐︎砂糖を摂りすぎる事による弊害⭐︎

 

糖質の消化の際に必要なのが、ビタミンやカルシウムなどの栄養素です。甘いものをたくさん食べるという事は、体内でそれだけの糖分を消化するためにビタミンやカルシウムも大量に必要になってきます。

せっかく摂ったビタミンやカルシウムも、ほとんどが砂糖の消化に使われてしまうため、歯ぐきや骨などの本来必要な場所で不足してしまいます。それによって歯肉の腫れや出血など様々な症状が出てきてしまう場合があります。

 

秋の味覚を楽しむことも良いことですし大事ですが、

身体はもちろん歯の健康のために、バランスのとれた食生活を心がけて甘いものの摂りすぎに注意したり甘い物を食べたら歯みがきをして口腔内の心配もできると良いですね(^o^)

鈴木

投稿者:町田エス歯科クリニック

町田エス歯科クリニック

〒 194-0013
東京都町田市原町田6-2-6 町田モディ6F
町田駅徒歩30秒

pagetop