ブログ

2020.09.24

みなさんこんにちは!

本日は根管治療の後に行う歯の土台を立てる治療についてお話ししていきます。

神経を取った後の歯は枯れ木のような状態で脆くなっています。土台を入れることによって安定的に被せ物を支えられ、被せ物にかかる咬合力を根に逃してくれます。なので土台を立ててから被せ物を作っていきます。

土台の種類はメタルコアグラスファイバーの二種類があります。

メタルコアは金属でできているので固くて丈夫ですが、その分根に大きく力が加わります。なので硬いものなどを噛んだ時に大きな力が加わり根が割れてしまうリスクがあります。
また金属なので時間が経つと金属が溶け出してきて歯茎が黒ずんでくる場合があります。

グラスファイバーは天然歯に近い素材でできているので、強い力が加わった時でもしなってくれます。力を全体に分散して、全体で受け止めてくれます。また歯茎が黒ずむ心配もありませんし、白い被せ物をしたときも透けて見えることもありません。

根が割れてしまうと歯を残すのが難しくなり、ほとんどの場合で抜歯になってしまいます。
そうならないためにも歯に優しいグラスファイバーの土台をお勧めしております!

何かご不明なことがあればお気軽にスタッフにお声がけください!

 

助手  原田

投稿者:町田エス歯科クリニック

町田エス歯科クリニック

〒 194-0013
東京都町田市原町田6-2-6 町田モディ6F
町田駅徒歩30秒

pagetop