ブログ

2021.09.03

みなさんこんにちは🔅

今日は、歯ぎしりについて少しお話ししようと思います✨

 

歯ぎしりとは?

歯ぎしりはブラキシズム (Bruxism) とも呼ばれ、歯を動的、もしくは静的にすり合せたり、噛み締めたりする非機能性咬合習癖の一形態です。

歯ぎしりは弄舌癖や咬唇癖のような無意識、無目的に行われる異常習癖と同様のものです。

自分では意識の無い時(就寝中等)に行なわれる為、通常時(食事等)ではとうてい使う事のないような強い力で、

咬んだまま歯をギリギリと擦り合わせる事があります。この時に、歯を強く揺らす動きが発生します。

これが毎日繰り返して行なわれる為、歯や顎にダメージが少しづつ蓄積されていくのです。

 

では、歯ぎしりをする事でどのような問題が起きてくるのでしょうか?

①特定の歯の歯周病が進行する

歯と歯肉の間に汚れが溜まったまま歯ぎしりを繰り返していると、歯周病が進行しやすくなります。

②歯が移動する

擦り合わせる動きを繰り返すと、歯が全体的に外側に拡がるように動いてしまう事があります。

③歯がグラグラになる

歯ぎしり中、あたっている歯が力を強く受ける為、ぐらついてくる事があります。

④被せものや詰め物が取れやすくなる

歯ぎしりにより、被せものや詰め物の一部が欠けたり、外れやすくなります。

 

次に歯ぎしりにはどのような種類があるのでしよう?

ブラキシズムは、その動作形態により3つの型に分類されています。

①グラインディング

上下の歯を臼の如くすり合わせる運動(臼磨運動)を行う。ギシギシと音を立て、咬頭に異常な力が働くので、歯質の崩壊を招きやすい。

睡眠時に多く、一般に呼ばれる「歯ぎしり」はグラインディングを指す事が多いです。

②クレンチング

上下の歯を静的に強く噛み合わせる動作を言う。覚醒時に無意識に発現していることが多く、

自覚症状は勿論、他覚症状もほとんど無いために発見が遅れることがあります。

③タッピング

上下の歯を動的にカチカチと噛み合わせる動作を言います。

残念な事に、歯軋り(ブラキシズム)の原因ははっきりとはわかっておりません。

全身的な因子として「精神的ストレス」、局所的な因子としては「咬み合わせの悪さ」と言われています。

当院では歯ぎしりの治療としてナイトガード(就寝時のマウスピース・スプリントのこと)やボトックス(咬合力コントロール)治療を行っております。

歯ぎしりでお悩みの方は、是非早めにご相談ください💫🦷

 

 

歯科衛生士  伊藤

投稿者:町田エス歯科クリニック

町田エス歯科クリニック

〒 194-0013
東京都町田市原町田6-2-6 町田モディ6F
町田駅徒歩30秒

pagetop